建築・施工事例

Case Study

ご夫婦のセンスが溢れるサーファーズハウス

内観イメージ

二階への吹き抜けと高い天井が魅力的な住まい。壁につけたバスケットゴールで、遊び心が溢れます。リビングとダイニングは斜めに位置しており、開放的でも空間にしっかりメリハリがついています。リビング横の大きな窓から太陽の光が差し込み、住まい全体を明るく照らします。ロビング後ろの存在感のある和室スペースが印象的。開放感あふれる、温かい住まい。

内観イメージ 内観イメージ 内観イメージ 内観イメージ

──ユニバーサルホームのお家を選んでくださった一番の理由を教えていただけますか?

『床下空間が無い基礎と、ALCの外壁材が標準仕様になっていて、メンテナンスにお金がかかりにくいという事が一番の決め手でした。
営業担当と設計担当の対応の良さも、好印象です。』

──お家のこだわりポイントを教えてください。

『明るい吹き抜けと、小上がりの和室を隣接したリビングが一番のお気に入りです。』

『LDKに採用した無垢床は、いつも自然の中にいるような温かみがあります。』

『地熱を利用した床暖房のおかげで、冬でも室内では半袖で過ごせていて、エアコンはほどんど使っていません。』

──令和元年10月25日の豪雨災害時のエピソードについて教えていただけますか

(2019年(令和元年)10月25日に、台風21号により発生した「令和元年10月25日の大雨」は千葉県を中心に大きな被害をもたらしました。
中でも茂原市は、浸水想定区域外にある市役所と中央公民館が浸水し、床上・床下浸水の被害が700棟以上に及ぶなど、甚大な被害を受けました。)

『大雨の日、最初は自宅にいましたが、段々と河川の水位が上がってきたので、身動きがとれなくなる前に少し離れた商業施設の立体駐車場に車で避難しました。しばらくして自宅に戻ってみると、基礎の上の方まで水位が上がっていたんです。ユニバーサルホームの基礎でなければ、床下浸水の被害に遭っていたかもしれません』